乳酸菌の働きと健康効果

乳酸菌の働きと健康効果

 

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢などの症状を招くだけでなく、肌荒れを引き起こすなど様々な悪影響が出ます。ですから、日常生活を送る中で対策をすることが何より重要です。また、乳酸菌を積極的に摂取するよう心掛けることも大切です。

 

腸内環境を整えるのになぜ乳酸菌が効果的なのか

 

では、なぜ乳酸菌を摂取することが大切なのでしょうか。それを知るためには、腸が働くメカニズムを知らなければいけません。人の腸内には100兆個もの細菌が生息しており、それは体に良い善玉菌と、体に悪い悪玉菌に分けられます。この2種類の細菌のうち悪玉菌が優勢になってしまうと、便秘や下痢などの症状を引き起こします。腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスは腸内フローラと呼ばれるのですが、これを正常な状態に維持することが大切なのです。

 

では、なぜ腸内フローラは崩れてしまうのでしょうか。そのもっとも大きな要因は、食生活の乱れにあります。悪玉菌が好む食事ばかりを摂っていたら、当然悪玉菌の数が増殖してしまいます。ですから、腸内環境を整えたいと思っているのであれば、善玉菌が好む食品を中心に食べるようにする必要があります。中でも、最も手軽に摂取することができるのが乳酸菌なのです。

 

多岐にわたる乳酸菌の健康効果

 

乳酸菌の役割は、善玉菌の餌であるというだけではありません。腸のぜん動運動を活発にするという働きもあります。ぜん動運動は、便の排出に関係があるので、低下することで便秘を引き起こします。そうすると、便が長い間腸内に留まることになるので、水分が抜けてどんどん固くなってしまいます。そこで、乳酸菌の登場です。実は、乳酸菌は便の水分量を調節する働きを持っています。ですから、硬くなった便に適度な水分を持たせて、排出しやすい柔らかさにしてくれるのです。

 

他にも、免疫力を高める効果があるなど、乳酸菌の健康効果は多岐にわたります。ですから、ヨーグルトや味噌などの発酵食品を積極的に食べたり、サプリメントを利用するなどして、上手に摂取するように心掛けましょう。