腸のガスだまりを防ぐには生活習慣改善が重要

腸のガスだまりを防ぐには生活習慣改善が重要

 

お腹にガスが溜まりやすいと言っても、病気ではなく生活習慣や食習慣の乱れが原因である人がとても多いようです。ですから、ガスが溜まるのを防ぎたいのであれば、まず第一に生活習慣を見直す必要があります。とはいっても、どのようにしたらいいか分からずに抵抗感を持つ人もいることでしょう。

 

腸内環境が乱れることが、お腹にガスが溜まってしまう最も大きな要因です。ですから、腸内環境を改善するのに効果的な食品を積極的に食べる必要があります。そして、中でも重要なのが乳酸菌を摂取することです。

 

乳酸菌が良い理由

 

乳酸菌は善玉菌の一種です。そして善玉菌の中でも素晴らしい働きをすることで知られています。ですから、腸内に乳酸菌が十分に生息していれば、お腹のハリを始めとした様々な不調を防ぐことが可能です。ただ、摂取すれば良いというわけではなく、ちょっとしたコツを守る必要があります。

 

まず、何よりも重要なのが生きたまま乳酸菌を腸まで届けることです。その中で、大きな障害になるのが鉄鋼の金属も溶かしてしまうほど強力な分解能力を持つ胃です。乳酸菌は酸に弱いため、ここを通過するのは難題と言ってもいいでしょう。

 

さらに、腸まで到達できたとしても生きるために必要な食糧がなくてはなりません。オリゴ糖が乳酸菌の主な餌となるので、食事で十分に摂取するよう心掛けましょう。ヨーグルトを食べる際に、一緒にオリゴ糖を含む食品を食べる習慣をつけておくと良いかもしれません。毎日きちんと食べ続ければ、おそらく2〜3週間後にはその効果を実感できるのではないでしょうか。

 

ヨーグルトには動物性の乳酸菌が含まれていますが、最近はキムチや納豆などの発酵食品に含まれる植物性乳酸菌も注目されています。胃酸に強いため、より生きたまま腸へ届く確率が高くなることが期待されます。また、発酵食品は美容にも良いとされていますので、健康のためにも積極的に食べるようにすると良いでしょう。