食生活を改善してお腹のガス溜まりを撃退!

食生活を改善してお腹のガス溜まりを撃退!

 

お腹にガスが溜まり苦しい思いをしたことがある方も多いと思いますが、原因はご存知ですか?いくつかある中でも最も大きな原因は、腸内に生息する常在菌バランスが崩れることにあります。

 

善玉菌と悪玉菌

 

腸の中には、多くの常在菌が生息していますが、それらは善玉菌と悪玉菌に分けられます。これらのうち善玉菌の生息数が多ければ、腸内は健康な状態に保たれており、発生するガスの量は少ないためオナラとして正常に排出されます。臭いもそれほど感じることはありません。

 

数ある善玉菌の中でも、特に有名なのがビフィズス菌です。その他、有機酸を作る乳酸桿菌、乳酸乳、酪酸や、コプロコッカス、ルミノコッカスと呼ばれる菌もいます。これらの善玉菌は、主に糖類を餌にしています。反対に、大腸菌やウェルス菌、ブドウ球菌、クロストリジウム、腸球菌、ビブリオ菌は悪玉菌の代表格で、たんぱく質を餌にしています。ですから、肉類を好んで食べるという人は、腸内で悪玉菌が増殖し、腸内環境が乱れがちなのです。

 

肉類ばかりを食べたり、揚げ物などの油ものを好んで食べる人の腸内では、たんぱく質を餌にする悪玉菌がどんどん増殖していきます。そして、アンモニア、インドール、スカトールの他にも、フェノールと呼ばれる発癌物質や硫化水素、アミンなどの人体に有害な物質を発生させるのです。

 

このような有害なガスであっても、少量であればオナラとして排出され特に問題は起きません。ですが、あまりに大量に発生すると腸内の血管に吸収され、それが体中を駆け巡ることになります。こうして体中に広がった有毒ガスは、アレルギーや肝臓疾患の他、がんの発生にもかかわっていることが最近の研究で分かってきました。

 

このような有毒ガスまみれの体にならないためには、乳酸菌を含むヨーグルトやチーズなどの他、ビフィズス菌などが好む糖類を含む食品を積極的に摂取し、腸内の善玉菌の数を増やすことが重要です。そうすることで、腸のぜん動運動が活発になりオナラの臭いも気にならなくなりますし、ホルモンバランスも良くなります。