お腹にガスが溜まる│効果的な解消法でガス抜きがおすすめ

お腹にガスが溜まる2つの原因

 

お腹にガスが溜まった時の苦しさ。これは、経験したことがある人にしかわからないものです。そして、経験したことがある人であれば、その解消方法をぜひ知りたいと思っていることでしょう。

 

なぜお腹にガスが溜まるのか〜外部の空気〜

 

お腹に溜まるガスは全て同じではなく、2種類に分けられます。まず一つ目は、食事の際に食べ物と同時に飲み込まれる空気です。食事をする時、食べ物だけを飲み込んでいると思っているかもしれませんが、想像以上に多くのガスが同時に飲み込まれています。特に、食事を早く食べる癖のある人や、炭酸飲料を好んで飲む人は、体にガスを取り込みやすいと言われています。

 

なぜお腹にガスが溜まるのか〜体内で発生するガス〜

 

このように、食事などを通して外部の空気を体内に取り込むことの他に、ガスが溜まる大きな原因になるのが体内で発生するガスです。腸内には、善玉菌と悪玉菌が生息していることはご存知でしょうか。これらは、常に腸内で戦っています。そして、善玉菌が優勢であれば、腸内は健康に保たれており問題は発生しません

 

ところが、食生活の乱れや過度のストレスにさらされると、悪玉菌が優勢になり腸内の環境が乱れてしまいます。すると、インドール、スカトール、アンモニアなどのガスが発生し、これらの強力な臭いを放つガスが腸内に溜まることで、あの辛い症状が引き起こされるのです。

 

このように、あの辛いお腹のハリは、体外の空気を取り込むことに加えて、体内でガスを発生させることに起因しています。また、近年では長時間座ったままの態勢でいることも、ガスを溜める原因になっていることが分かってきました。

 

ガスがお腹に溜まると、張りや苦しさに悩まされますが、それ以外にも肌荒れなどの様々な症状を引き起こすと言われています。ですから、健康を保つためにも、お腹にガスを溜めないようにすることは大切なことなのです

 

>>口コミで評判の良い乳酸菌を発表!<<

>>本当におすすめは?乳酸菌サプリメントの効果を今すぐチェック!<<